ウクライナ ウクライナの環境・温暖化 統計データ



ウクライナの「環境・温暖化関連 統計データ」を表示しています。(全55データ)

会員限定のデータ・機能のご利用にはが必要です。 データをすべて見るには?

データ項目直近データ国際順位時系列データ解説出典区分
CO2 二酸化炭素排出量(EI統計)108.80百万トン(2022年)39位/79ヵ国1985-2022年解説EI公開
CO2 二酸化炭素排出量(IEA統計)161.42百万トン(2021年)31位/150ヵ国1975-2021年解説IEA公開
  [内訳] - 燃料別CO2排出量(石炭) ----(2021年)17位/150ヵ国1975-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 燃料別CO2排出量(石油) ----(2021年)45位/150ヵ国1975-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 燃料別CO2排出量(ガス) ----(2021年)34位/150ヵ国1975-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 部門別CO2排出量(発電所・熱供給プラント部門) ----(2021年)26位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 部門別CO2排出量(その他エネルギー産業部門) ----(2021年)51位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 部門別CO2排出量(製造業・建設業部門) ----(2021年)25位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 部門別CO2排出量(輸送部門 含む道路車両) ----(2021年)36位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 部門別CO2排出量(道路車両部門) ----(2021年)38位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 部門別CO2排出量(家庭部門) ----(2021年)27位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
CO2 二酸化炭素排出量 - 1人当たり ----(2021年)66位/150ヵ国1975-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 1人当たりCO2排出量(発電所・熱供給部門) ----(2021年)49位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 1人当たりCO2排出量(他エネルギー産業部門) ----(2021年)73位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 1人当たりCO2排出量(製造業・建設業部門) ----(2021年)39位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 1人当たりCO2排出量(輸送部門 含む道路車両) ----(2021年)101位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 1人当たりCO2排出量(道路車両部門) ----(2021年)102位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
  [内訳] - 1人当たりCO2排出量(家庭部門) ----(2021年)38位/150ヵ国2019-2021年解説IEA会員
CO2 二酸化炭素排出量 - GDP当たり1.57kg / US$(2021年)3位/150ヵ国1975-2021年解説IEA直近
CO2 二酸化炭素排出量 - 購買力平価GDP当たり ----(2021年)23位/150ヵ国1975-2021年解説IEA会員
CO2 二酸化炭素排出量 - 一次エネルギー当たり ----(2021年)90位/150ヵ国1975-2021年解説IEA会員
環境技術発明件数 ----(2020年)41位/201ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 大気汚染対策技術 ----(2020年)49位/147ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 水質汚染対策技術 ----(2020年)42位/147ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 廃棄物管理技術 ----(2020年)48位/144ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 気候変動抑制技術(ICT分野) ----(2020年)49位/115ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 気候変動抑制技術(エネルギー供給分野) ----(2020年)34位/174ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 気候変動抑制技術(廃水・廃棄物管理分野) ----(2020年)34位/124ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 気候変動抑制技術(輸送分野) ----(2020年)37位/139ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 気候変動抑制技術(建物分野) ----(2020年)38位/136ヵ国1980-2020年解説OECD会員
  [内訳] - 気候変動抑制技術(製造・加工分野) ----(2020年)52位/168ヵ国1980-2020年解説OECD会員
環境パフォーマンス指数(EPI)49.60pts(2022年)52位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP直近
  [内訳] - EPI (過去10年の増減) ----(2022年)60位/180ヵ国2022-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 気候変動抑制 ----(2022年)31位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 大気環境 ----(2022年)88位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 廃棄物管理 ----(2022年)88位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 水衛生 ----(2022年)66位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 重金属 ----(2022年)42位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 生物多様性と生息環境 ----(2022年)76位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 生態系サービス ----(2022年)103位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 漁業 ----(2022年)47位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 農業  ----(2022年)53位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 酸性雨 ----(2022年)40位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
  [内訳] - EPI - 水資源  ----(2022年)68位/180ヵ国2020-2022年解説YCELP会員
PM2.5大気濃度(世銀統計)14.53μg/m3(2019年)143位/200ヵ国1990-2019年解説世銀直近
PM2.5大気濃度(WHO統計)13.51μg/m3(2019年)121位/195ヵ国2010-2019年解説WHO直近
  [内訳] - PM2.5大気濃度(都市部) ----(2019年)120位/193ヵ国2010-2019年解説WHO会員
PM2.5汚染人口比率(10μg/m3超) ----(2017年)1位/194ヵ国1990-2017年解説世銀会員
  [内訳] - PM2.5汚染人口比率(35μg/m3超) ----(2017年)92位/194ヵ国1990-2017年解説世銀会員
  [内訳] - PM2.5汚染人口比率(25μg/m3超) ----(2017年)98位/194ヵ国1990-2017年解説世銀会員
  [内訳] - PM2.5汚染人口比率(15μg/m3超) ----(2017年)103位/194ヵ国1990-2017年解説世銀会員
窒素酸化物(NOX)排出量 ----(2021年)17位/57ヵ国1990-2021年解説OECD会員
  [内訳] - 1人当たり窒素酸化物(NOX)排出量 ----(2021年)50位/57ヵ国1990-2021年解説OECD会員
硫黄酸化物(SOX)排出量 ----(2021年)8位/56ヵ国1990-2021年解説OECD会員
  [内訳] - 1人当たり硫黄酸化物(SOX)排出量 ----(2021年)13位/56ヵ国1990-2021年解説OECD会員
  • 公開
  • :時系列推移データまで公開
  •   
  • 直近
  • :直近データのみ公開
  •   
  • 会員
  • :会員限定