世界のハマグリ(蛤)の漁獲量・生産量 国別ランキング・推移

データ更新日
2022年4月21日
最新値
2020年
時系列推移
1980-2020年まで掲載
ご利用区分
会員

統計の解説

世界のハマグリ(蛤)類の漁獲量・生産量 国別比較統計・ランキングです。
各国のハマグリ(蛤)類の国別漁獲量・生産量と国別順位を掲載しています。

  • 中国も相当量を生産していると思われるが、統計対象になっていない。
  • 日本は以前、有数の天然漁獲量を誇ったが、その後1000トン以下へ激減し、現在は統計対象外。
  • 単位はトン。
  • ハマグリ類の漁獲量と養殖生産量の合計量。
  • ハマグリ類にはハマグリのほか、ハマグリ属の貝を含む。
  • ハマグリの名の付く貝でも、ハマグリ属以外のものは含まない。
  • 漁獲量と養殖生産量の内訳は右欄の内訳データリンクより。

【内訳データ解説】

・ハマグリ(蛤)の漁獲量
 - 漁獲量のみの値(養殖を除く)
 - 単位はトン
・ハマグリ(蛤)の養殖生産量
 - 養殖のみの値
 - 単位はトン

【2020年】
順位国名単位:トン
1台湾
52,241
2インドネシア-- 以下会員限定 --
3韓国データを全て見るには
999世界計--

出典・参照:
FAO(Food and Agriculture Organization)