世界の妊産婦死亡率 国別ランキング・推移(OECD)

データ更新日
最新値
2020年
時系列推移
1984-2020年まで掲載
ご利用区分
会員

統計の解説

世界主要国の妊産婦死亡率 国際比較統計・ランキングです。
各国の妊産婦死亡率と国別順位を掲載しています。

  • 単位は人/10万人。
  • 各国の出生10万人当たりの妊産婦死亡数。
  • OECD統計ベース。
  • 妊産婦死亡数は妊娠・出産に関連する要因(ICD-10 codes O00-O99)で死亡した妊産婦数。
  • 妊産婦死亡率は当年の妊産婦死亡数を当年の出生数で割って10万倍した値(10万人当たり)。※妊産婦死亡数は小さい値なので、人口小国では各年の数値の変動が大きく、留意が必要である。
  • ランキング表示では当年のデータが無い場合は過去のデータで補完表示している(注釈あり)。

2020年 妊産婦死亡率(OECD統計)
順位国名単位:人/10万人
1メキシコ
54.00
2コロンビア
50.70
1
3コスタリカ-- 以下会員限定 --
4米国データを全て見るには
5ラトビア--
6チリ--
7ハンガリー--
8ニュージーランド--
9トルコ--
10韓国--
11ポルトガル--
12カナダ--
13エストニア--
14ギリシャ--
15スイス--
15スウェーデン--
17イギリス--
18チェコ--
19フィンランド--
20ベルギー--
21ノルウェー--
22ドイツ--
23アイスランド--
24イタリア--
24スペイン--
26イスラエル--
27日本--
28ポーランド--
29オーストリア--
30オーストラリア--
31スロバキア--
32デンマーク--
33オランダ--
34アイルランド--
34スロベニア--
34ルクセンブルク--
34リトアニア--
  • 注)
  • 1:前年のデータ
  • 2:2年前のデータ
  • 3:3年前のデータ
  • 4:4年前のデータ

※本ページへのリンクは自由です。


出典・参照:
OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development )