世界のインターネット自由度 国別ランキング・推移

データ更新日
最新値
2022年
時系列推移
2011-2022年まで掲載
ご利用区分
直近 データをすべて見るには?

統計の解説

世界のインターネット自由度 国際比較統計・ランキングです。
各国のインターネット自由度と国別順位を掲載しています。

  • 単位はpts(点)。
  • Freedom Houseはインターネット及びデジタルメディアにおける言論・表現の自由度を「アクセス規制」・「コンテンツ規制」・「ユーザー権利の侵害」の3分野の観点から21の質問項目と100以上の詳細質問を設定・調査し、0-100ptsでスコア化し評価している。
  • スコアが大きいほどインターネット自由度が高いことを示す。
  • ※2018年版までは「数値小=自由度高」で評価されていたが2019年版で逆の「数値大=自由度高」の評価方式になったため過去の年版も「数値大=自由度高」方式に修正して掲載している。
  • 各分野別のスコア内訳は右欄の内訳データリンクより。

【内訳データ解説】

  • インターネット自由度(アクセス規制)
     - アクセス規制面でのインターネット自由度
     - 政府・事業主による意図的な技術的なアクセス障壁、法的規制・統制、
      経済的・インフラ的アクセス障壁などを含む
     - 0-25ptsで評価されている
  • インターネット自由度(コンテンツ規制)
     - コンテンツ規制面でのインターネット自由度
     - コンテンツの検閲・フィルタリング・自主規制・操作、オンラインニュースメディアの多様性、
      政治・社会活動におけるデジタルメディアの活用度などを含む
     - 0-35ptsで評価されている
  • インターネット自由度(ユーザー権利侵害)
     - 利用者の権利面でのインターネット自由度
     - インターネット利用におけるユーザーへの法的保護、ユーザーのプライバシー、
      インターネットでの活動に対する嫌がらせや物理的攻撃、投獄などを含む
     - 0-40ptsて評価されている