世界の第二次産業 就業者数 国別ランキング・推移

データ更新日
2015年11月20日
直近データ
2014年
時系列推移
1990-2014年まで掲載
ご利用区分
会員

統計の解説

・世界の第二次産業就業者数(就業人口)の国際比較統計・ランキング
・各国の第二次産業就業者数(就業人口)と国別順位を掲載
・単位は千人
・第二次産業の分類は国際標準産業分類(ISIC)ベースで主に製造業、建設業、

解説を全文を表示する
【単位:千人】
順位国名2014年
1中国225,4403
2インド97,9862
3米国27,20512
4インドネシア24,397
5ブラジル-- 以下会員限定 --
6ロシアすべて見るには
7日本--
8メキシコ--
9ベトナム--
10ドイツ--
11バングラデシュ--
12タイ--
13イラン--
14トルコ--
15韓国--
16フィリピン--
17イタリア--
18エジプト--
19イギリス--
20フランス--
21ポーランド--
22ウクライナ--
23コロンビア--
24台湾--
25マレーシア--
26南アフリカ--
27カナダ--
28スペイン--
29エチオピア--
30アルジェリア--
31ベネズエラ--
32サウジアラビア--
33ルーマニア--
34オーストラリア--
35モロッコ--
36スリランカ--
37チリ--
38チェコ--
39ガーナ--
40カザフスタン--
41シリア--
42ベラルーシ--
43エクアドル--
44タンザニア--
45カンボジア--
46ハンガリー--
47オランダ--
48チュニジア--
49スーダン--
50ポルトガル--
51オーストリア--
52グアテマラ--
53シンガポール--
54ベルギー--
55ブルガリア--
56スイス--
57スウェーデン--
58キューバ--
59スロバキア--
60マダガスカル--
61カタール--
62イエメン--
63ドミニカ共和国--
64セネガル--
65アゼルバイジャン--
66ホンジュラス--
67パラグアイ--
68イスラエル--
69セルビア--
70エルサルバドル--
71ギリシャ--
72フィンランド--
73ノルウェー--
74ザンビア--
75デンマーク--
76ジンバブエ--
77キルギス--
78ニュージーランド--
79香港--
80ニカラグア--
81クロアチア--
82オマーン--
83コスタリカ--
84ウルグアイ--
85アイルランド--
86リトアニア--
87パナマ--
88スロベニア--
89ルワンダ--
90ギニア--
91パレスチナ--
92ラオス--
93バーレーン--
94ベナン--
95マケドニア--
96モルドバ--
97ラトビア--
98アルメニア--
99モンゴル--
100エストニア--
101ジャマイカ--
102モーリシャス--
103プエルトリコ--
104リベリア--
105ボツワナ--
106ナミビア--
107コソボ--
108ガンビア--
109マカオ--
110キプロス--
111マルタ--
112モンテネグロ--
113ブータン--
114ブルネイ--
115スリナム--
116レユニオン--
117アイスランド--
118ルクセンブルク--
119バルバドス--
120東ティモール --
121バハマ--
122グアドループ--
123マルティニーク--
124モルディブ --
125仏領ポリネシア--
126蘭領アンティル--
127グアム--
128仏領ギアナ--
129サンマリノ--
130セーシェル--
131アルバ--
132ケイマン諸島--
133サモア--
134キリバス--
135ガーンジー --
136米領サモア--
137バミューダ--
138グリーンランド--
139英領ヴァージン諸島--
140マーシャル諸島--
141クック諸島--
999世界計--
  • 注)
  • 1:前年のデータ
  • 2:2年前のデータ
  • 3:3年前のデータ
  • 4:4年前のデータ
  • 7:10歳以上就業人口
  • 12:16歳以上就業人口
  • 16:15-64歳就業人口
  • 21:15-72歳就業人口

この統計の内訳データ

関連する国際比較統計データ